最終更新日:2017/09/30 12:31

[English]

【目的】 【方針】 【基本アーキテクチャ】 【特徴】 【実現項目】 【開発状況】 【対外発表一覧】 【開発スタッフ】 【マニュアル】
【目的】

将来のオペレーティングシステム(OS)に必要な機能や構造の技術確立を支援する研究基盤の構築
(なお、独自OSを10年以上も研究開発している国内大学唯一の研究グループである)


【方針】

【基本アーキテクチャ】

【特徴】

【実現項目】
  1. プログラム実行速度の調整(1/3)(2/3)(3/3)
  2. 動作内容に合わせたプロセスの走行制御(1/3)(2/3)(3/3)
  3. 処理内容に合わせた仮想空間の利用(1/2)(2/2)
  4. 資源の生成や削除の高速化(1/2)(2/2)
  5. 処理(資源)の永続化(1/1)
  6. 遠隔資源の操作(1/1)
  7. プログラム部品の入替え(1/2)(2/2)
  8. 動作状況の可視化(1/1)
  9. プロセスの最適分散(1/1)

【開発状況(過去3年)】 (これまでの開発状況)

【対外発表一覧(題目にTenderを含む査読付き論文と過去3年の論文,関連発表を除く)】 [すべての対外発表一覧]

【開発スタッフ】

【マニュアル】
Taniguchi Lab.
Yamauchi Lab.