後藤 佑介 (GOTOH, Yusuke)
(Click here for English Version.)

gotoh□cs.okayama-u.ac.jp (□を@に変えて下さい)

所属

  • 岡山大学大学院自然科学研究科産業創成工学専攻 准教授

研究テーマ

  • IPネットワークにおける分割放送型配信システムの設計と実装
  • 空間問合せ処理
  • 選択型コンテンツの放送型配信に関する研究
  • P2Pネットワークを用いた連続メディアデータの放送型配信手法
  • 没入型仮想空間における茶道e-Learningシステムに関する研究

経歴

2001/04 岡山大学工学部情報工学科入学
2005/03 岡山大学工学部情報工学科卒業
2005/04 京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻修士課程入学
2007/03 京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻修士課程修了
2007/04 京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻博士後期課程入学
2009/03 京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻博士後期課程修了(短縮)
2009/04-2014/01 岡山大学大学院自然科学研究科産業創成工学専攻 助教
(2011/04-2012/06 日本学術振興会海外特別研究員(オーストラリア・メルボルン))
(2011/04-2012/11 オーストラリア・ラトローブ大学 客員研究員)
2014/02 岡山大学大学院自然科学研究科産業創成工学専攻 准教授

学術論文

  1. T. Ozaki and Y. Gotoh:
    ``Implementation and Evaluation of Hybrid Broadcasting System for Webcasts,''
    International Journal of Web and Grid Services (IJWGS), Vol.14, Issue 3, pp.288-304 (Jun. 2018).
  2. 藤田 拓郎, 後藤 佑介:
    ``スケジューリング手法を評価可能な選択型コンテンツの放送型配信システムの実現と評価,''
    情報処理学会論文誌,Vol.58, No.11, pp.1808-1817 (Nov. 2017).
  3. T. Yoshihisa, T. Kawakami, and Y. Gotoh:
    ``Zero Interruption-Oriented Techniques for Mobile Video-on-Demand in Hybrid Broadcasting Environments,''
    International Journal of Informatics Society, Vol.9, No.2, pp.85-93 (Sep. 2017).
  4. D. Fukui and Y. Gotoh:
    ``A Scheduling Method for Switching Playback Speed in Selective Contents Broadcasting,''
    Journal of Mobile Multimedia (JMM), Vol.12, No.3&4, pp.181-196 (May. 2017).
  5. Y. Gotoh and C. Okubo:
    ``A Proposition of Querying Scheme with Network Voronoi Diagram in Bichromatic Reverse k-nearest Neighbor,''
    International Journal of Pervasive Computing and Communications (IJPCC), Vol.13, Issue 1, pp.62-75, doi: 10.1108/IJPCC-01-2017-0009, (May. 2017).
  6. 井上 祐輔, 木村 明寛, 後藤 佑介:
    ``複数動画を同期配信する分割放送型配信システム,''
    情報処理学会論文誌,Vol.58, No.2, pp.356-365 (Feb. 2017).
  7. Y. Gotoh and T. Yoshihisa:
    ``A Scheduling Method for Waiting Time Reduction in Area-based Broadcasting Considering Loading Time,''
    Journal of Mobile Multimedia (JMM), Vol.12, No.1&2, pp.17-30, (Apr. 2016).
  8. Y. Gotoh and A. Kimura:
    ``Implementation and Evaluation of Division-based Broadcasting System for Webcast,''
    Journal of Digital Information Management (JDIM), Vol.13, Issue.4, pp.234-246, (Aug. 2015).
  9. 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲:
    ``データ分離可能な没入型コンテンツの放送型配信におけるスケジューリング手法,''
    情報処理学会論文誌デジタルコンテンツ(DCON),Vol.2, No.2, pp.38-47, (Aug. 2014).
  10. 木村 明寛, 後藤 佑介, 谷口 秀夫:
    ``動画データを分割配信するシステムの実現と評価,''
    電子情報通信学会論文誌 B, Vol.J96-B, No.10, pp.1217-1225, (Oct. 2013).
  11. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``A Scheduling Method for Heterogeneous Clients on Media Data Broadcasting,''
    (2014 Highly Commended Paper Award)
    International Journal of Pervasive Computing and Communications (IJPCC), Vol.9, Issue.2, pp.98-114, (Jun. 2013).
  12. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, M. Kanazawa, W. Rahayu, and Y.P.P. Chen:
    ``A Scheduling Method to Reduce Waiting Time for Close-range Broadcasting,''
    Mobile Information Systems Journal (MOBIS), Vol.8, Issue.4, pp.303-314, (Dec. 2012).
  13. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``A Scheduling Method for Continuous Media Data Broadcasting Considering Commercial Contents,''
    International Journal of Pervasive Computing and Communications (IJPCC), Vol.8, Issue.1, pp.92-106, (Mar. 2012).
  14. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``Brossom: A P2P Streaming System for Webcast,''
    Journal of Networking Technology, Vol.2, Issue.4, pp.169-181, (Dec. 2011).
  15. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``A Scheduling Method for Waiting Time Reduction in Node Relay-based Webcast Considering Available Bandwidth,''
    International Journal of Grid and Utility Computing (IJGUC), Vol.2, No.4, pp.295-302, (Dec. 2011).
  16. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``A Method to Reduce Waiting Time on Node Relay-based Webcast for Selective Contents,''
    International Journal of Web Information Systems, Vol.7, Issue 3, pp.223-239, (Sep. 2011).
  17. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``A Scheduling Method on Selective Contents Delivery with Node Relay-based Webcast Considering Data Size,''
    International Journal of Research and Innovation (Advances in Information Sciences and Service Sciences), Vol.2, No.3, pp.128-138, (Sep. 2010).
  18. 後藤 佑介, 鈴木 健太郎, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲:
    ``再生中断時間短縮のための端末伝送型インターネット放送システムの設計と実装,''
    電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J93-D, No.7, pp.1102-1113, (Jul. 2010).
  19. Y. Gotoh, K. Suzuki, T. Yoshihisa, and M. Kanazawa:
    ``A Scheduling Method to Reduce Waiting Time for P2P Streaming Systems,''
    Journal of Mobile Multimedia, Vol.5, No.3, pp.255-270, (Sep. 2009).
  20. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, M. Kanazawa, and Y. Takahashi:
    ``A Broadcasting Scheme for Selective Contents Considering Available Bandwidth,''
    IEEE Transactions on Broadcasting, Vol.55, Issue 2, pp.460-467, (Jun. 2009).
  21. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲,高橋 豊:
    ``選択確率を考慮した選択型コンテンツの放送型配信における待ち時間短縮手法,''
    情報処理学会論文誌,Vol.50, No.2, pp.882-892 (Feb. 2009).
  22. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲,高橋 豊:
    ``インターネット放送のための分割放送型配信システムの設計と実装,''
    電子情報通信学会論文誌 B, Vol.J92-B, No.1, pp.353-362 (Jan. 2009).
  23. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``帯域幅を考慮した選択型コンテンツの放送型配信における待ち時間短縮手法,''
    情報処理学会論文誌,Vol.49, No.5, pp.1692-1701 (May. 2008).
  24. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``異種クライアント環境における連続メディアデータ放送のための待ち時間短縮手法,''
    電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J91-D, No.3, pp.667-676 (Mar. 2008).
  25. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``選択型コンテンツのオンデマンド配信における待ち時間短縮のためのスケジューリング手法,''
    情報処理学会論文誌,Vol.49, No.2, pp.716-726 (Feb. 2008).

国際会議

  1. R. Manabe and Y. Gotoh:
    ``Evaluation of Scheduling Method for Division Based Broadcasting of Multiple Video Considering Data Size,''
    The 9th International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2018), pp.**-**, Taichung, Taiwan, (Oct. 2017).
  2. T. Fujita and Y. Gotoh:
    ``Evaluation of Broadcasting System for Selective Contents Considering Interruption Time,''
    The 7th International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC-2018), pp.**-**, Bratislava, Slovakia, (Sep. 2018).
  3. Y. Gotoh and K. Ohta:
    ``A Scheduling Method for On-Demand Delivery of Selective Contents Considering Selection Time,''
    The 18th International Conference on Computational Science and Applications (ICCSA 2018), pp.611-622, Melbourne, Australia, (Jul. 2017).
  4. Y. Inoue and Y. Gotoh:
    ``A Method to Reduce Waiting Time for Heterogeneous Clients Considering Division Ratios of Video Data,''
    The 15th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2017), pp.92-96, Salzburg, Austria, (Dec. 2017).
  5. T. Sakurada and Y. Gotoh:
    ``Design and Implementation of Division-Based Broadcasting Using NS-3,''
    The 8th International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2017), pp.473-483, Barcelona, Spain, (Nov. 2017).
  6. Y. Gotoh and Y. Inoue:
    ``Proposition of Division-Based Broadcasting System for Delivering Multiple Videos,''
    The 6th International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC-2017), pp.1037-1047, Toronto, Canada, (Aug. 2017).
  7. Y. Gotoh and C. Okubo:
    ``A Searching Method for Bichromatic Reverse k-Nearest Neighbor with Network Voronoi Diagram,''
    The 14th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2016), pp.71-78, Singapore, (Nov. 2016).
    (Best Paper Award)
  8. D. Fukui and Y. Gotoh:
    ``A Scheduling Method to Enable Fast-forwarding for Selective Contents Broadcasting,''
    The 14th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2016), pp.55-62, Singapore, (Nov. 2016).
  9. Y. Gotoh and Y. Takagi:
    ``Evaluation of Division-based Broadcasting System over Wireless LAN,''
    7th International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2016), pp.589-598, Asan, Korea, (Nov. 2016).
    (Best Paper Award)
  10. Y. Gotoh and Y. Takagi:
    ``Proposition of Division-based Broadcasting System over Wireless LAN,''
    7th International Workshop on Heterogeneous Networking Environments and Technologies (HETNET-2016), pp.376-381, Ostrava, Czech Republic, (Sep. 2016).
  11. T. Ozaki and Y. Gotoh:
    ``Hybrid Broadcasting System for Webcast,''
    5th International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC-2016), pp.330-335, Ostrava, Czech Republic, (Sep. 2016).
  12. Y. Gotoh and T. Yoshihisa:
    ``A Scheduling Method for Area-based Broadcasting Considering Loading Time,''
    13th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2015), pp.254-258, Brussels, Belgium, (Dec. 2015).
  13. Y. Gotoh and T. Yoshihisa:
    ``A Scheduling Method to Reduce Waiting Time for Close-range Delivery,''
    6th International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2015), pp.730-735, Krakow, Poland, (Nov. 2015).
  14. Y. Gotoh:
    ``A Scheduling Method for Division Based Broadcasting of Multiple Video Considering Data Size,''
    4th International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC-2015), pp.464-469, Taipei, Taiwan, (Sep. 2015).
  15. Y. Gotoh and T. Yoshihisa:
    ``Evaluation of Scheduling Method for Heterogeneous Clients in NVoD Systems,''
    16th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2014), pp.134-141, Hanoi, Vietnam, (Dec. 2014).
  16. Y. Gotoh and A. Kimura:
    ``Evaluation of Division Based Broadcasting System Considering Additional Information,''
    5th International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2014), pp.573-578, Guangzhou, China, (Nov. 2014).
  17. Y. Gotoh:
    ``A Simple Routing Method for Reverse k-Nearest Neighbor Queries in Spatial Networks,''
    3rd International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC-2014), pp.615-620, Salerno, Italy, (Sep. 2014).
  18. Y. Gotoh, A. Kimura, and H. Taniguchi:
    ``Evaluation of Division Based Broadcasting System Considering Receiving Opportunity,''
    4th International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2013), pp.653-658, Compiegne, France, (Oct. 2013).
  19. Y. Gotoh and H. Taniguchi:
    ``A Scheduling Method for Division Based Broadcasting Considering Dynamic Update,''
    2nd Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC-2013), pp.332-337, Gwangju, Korea, (Sep. 2013).
  20. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``A Scheduling Method Considering Heterogeneous Clients for NVoD Systems,''
    10th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2012), pp.232-239, Bali, Indonesia, (Dec. 2012).
  21. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``A Scheduling Method to Reduce Waiting Time on Immersive Contents Broadcasting,''
    3rd International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2012), pp.357-362, Victoria, Canada, (Nov. 2012).
  22. Y. Gotoh and H. Taniguchi:
    ``A Scheduling Scheme for Improving Error Resilience on Media Data Broadcasting,''
    1st Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC-2012), pp.453-458, Melbourne, Australia, (Sep. 2012).
  23. A. Kimura, Y. Gotoh, and H. Taniguchi:
    ``TeleCaS: Division Based Broadcasting System Considering Sequential Playback,''
    1st Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC-2012), pp.465-470, Melbourne, Australia, (Sep. 2012).
  24. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, M. Kanazawa, W. Rahayu, and Y.P.P. Chen:
    ``A Scheduling Method for Node Relay-based Webcast Considering Reconnection,''
    26th IEEE International Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA-2012), pp.787-794, Fukuoka, Japan, (Mar. 2012).
  25. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, M. Kanazawa, W. Rahayu, and Y.P.P. Chen:
    ``A Method to Reduce Waiting Time for Close-range Broadcasting,''
    9th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2011), pp.116-122, Ho Chi Minh, Vietnam, (Dec. 2011).
  26. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, M. Kanazawa, W. Rahayu, and Y.P.P. Chen:
    ``A Scheduling Method for Selective Contents Broadcasting with Fast-forwarding,''
    2nd International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2011), pp.344-349, Barcelona, Spain, (Oct. 2011).
  27. Y. Gotoh, K. Suzuki, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``Evaluation of P2P Streaming Systems for Webcast,''
    6th International Conference on Digital Information Management (ICDIM 2011), pp.343-350, Melbourne, Australia, (Sep. 2011).
  28. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``A Method to Reduce Interruption Time Considering Number of Clients on Broadcast and Communications Integration Environments,''
    6th IFIP/IEEE International Workshop on Broadband Convergence Networks (BcN 2011), pp.985-992, Dublin, Ireland, (May. 2011).
  29. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``A Method to Reduce Waiting Time for Continuous Media Data Broadcasting Considering Internet Advertisements,''
    8th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2010), pp.132-139, Paris, France, (Nov. 2010).
  30. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``A Scheduling Method to Reduce Waiting Time for Node Relay-based Webcast Considering Available Bandwidth,''
    1st International Workshop on Streaming Media Delivery and Management Systems (SMDMS 2010), pp.489-494, Fukuoka, Japan, (Nov. 2010).
  31. Y. Nomura, K. Okamoto, Y. Gotoh, Y. Nomura, H. Taniguchi, K. Yokoyama, and K. Maruyama:
    ``Design and Overhead Estimation of Device Driver Process,''
    2nd International Workshop on Software Engineering Processes and Applications (SEPA 2010), LNCS, Vol.6017, Part 2, pp.324-335, Fukuoka, Japan, (Mar. 2010).
  32. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``A Method to Reduce Interruption Time for Streaming Delivery of Broadcast and Communications Integration Environments,''
    4th International Workshop on Intelligent, Mobile and Internet Services in Ubiquitous Computing (IMIS 2010), pp.784-789, Krakow, Poland, (Feb. 2010).
  33. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``A Scheduling Method for Selective Contents Broadcasting with Node Relay-Based Webcast Considering User Behavior,''
    7th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2009), pp.28-35, Kuala Lumpur, Malaysia, (Dec. 2009).
  34. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, H. Taniguchi, and M. Kanazawa:
    ``A Scheduling Method on Selective Contents Broadcasting with Node Relay Based Webcast Considering Available Bandwidth,''
    Proceedings of the 5th International Conference on Networked Computing and Advanced Information Management (NCM 2009), pp.1368-1373, Seoul, Korea, (Aug. 2009).
  35. Y. Gotoh, K. Suzuki, T. Yoshihisa, and M. Kanazawa:
    ``Design and Implementation of P2P Streaming Systems for Webcast,''
    First International Conference on Personal Satellite Services (PSATS 2009), Lecture Notes of the Institute for Computer Sciences, Social Informatics and Telecommunications Engineering, Vol.15, pp.103-110, Rome, Italy, (Mar. 2009).
  36. Y. Gotoh, K. Suzuki, T. Yoshihisa, and M. Kanazawa:
    ``A Study on Scheduling Methods in BroGrid Environments,'' (Poster Presentation)
    Joint Workshop of Beijing, Hong Kong and Kyoto on Computational Mathematics, Computer and Systems Sciences (CMCSS), Kyoto, Japan, (Mar. 2009).
  37. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, and M. Kanazawa:
    ``A Method to Reduce Waiting Time for P2P Streaming Systems,''
    6th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2008), pp.15-20, Linz, Austria, (Nov. 2008).
  38. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, M. Kanazawa, and Y. Takahashi:
    ``A Scheduling Method to Reduce Waiting Time Considering Transition Probability for Selective Contents Broadcasting,''
    IEEE International Symposium on Wireless Communication Systems 2008 (ISWCS'08), pp.149-153, Reykjavik, Iceland, (Oct. 2008).
  39. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, and M. Kanazawa:
    ``Method to Select Peers to Reduce Waiting Time in P2P Streaming Broadcasts,''
    IADIS International Conference Telecommunications, Networks and Systems 2008 (TNS-CONF 2008), pp.120-124, Amsterdam, Netherlands, (Jul. 2008).
  40. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, and M. Kanazawa:
    ``A Scheduling Method for On-demand Delivery of Selective Contents,''
    The Fourth International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2008), pp.17-24, Miraikan, Tokyo, Japan, (Jun. 2008).
  41. Y. Gotoh, Y. Ebara, T. Yoshihisa, K. Koyamada, M. Kanazawa:
    ``Development of Tea Ceremony E-learning Environment within Immersive Projection Technology,''
    4th International Workshop on Network-based Virtual Reality and Tele-existence (INVITE2008), pp.1000-1005, Ginowan, Okinawa, Japan, (Mar. 2008).
  42. Y. Gotoh:
    ``BroGrid: A Study on Broadcasting Methods in Grid Environments,'' (Oral Presentation)
    Chinese Academy of Sciences - Kyoto University Joint Workshop on Mathematical Methods for Informatics Engineering Management, Beijing, China (Mar. 2008).
  43. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, and M. Kanazawa:
    ``A Scheduling Method Considering Playing Time in Selective Contents Broadcasting,''
    4th International WorkShop on QoS in Multiservice IP Networks (QoS-IP 2008), pp.191-196, Venice, Italia, (Feb. 2008).
  44. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, and M. Kanazawa:
    ``A Study on Broadcasting Methods in BroGrid Environments,'' (Poster Presentation)
    International Conference on Informatics Education and Research for Knowledge-Circulating Society 2008 (ICKS'08), pp.189-192, Kyoto, (Jan. 2008).
  45. M. Date, H. Takada, Y. Ishigure, S. Suyama, A. Yamori, Y. Gotoh, H. Kuribayashi, and T. Hatada:
    ``Small-Depth-Error Display Using Depth Fused 3D (DFD),''
    Taiwan-Japan Joint Conference on Communications Technology 2007, pp.75-78, Taiwan, (Nov. 2007).
  46. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, and M. Kanazawa:
    ``A Scheduling Method Considering Available Bandwidth in Selective Contents Broadcasting,''
    IEEE Wireless Communications and Networking Conference (WCNC 2007), pp.2597-2602, Hong Kong, (Mar. 2007).
  47. Y. Gotoh, T. Yoshihisa, and M. Kanazawa:
    ``d-Cast : A Division Based Broadcasting System for IP Networks,''
    Proc. of IEEE/ICACT 2007, The 9th International Conference on Advanced Communication Technology, pp.1902-1907, Phoenix Park, Gangwon-Do, Korea (Feb. 2007).
  48. H. Takada, S. Suyama, M. Date, and Y. Gotoh:
    ``Fusional limit of distance between front and rear images in the depth-fused 3-D visual illusion,''
    29th European Conference on Visual Perception (ECVP 2006), Binocular and Stereo Vision, Vol.35, p.31, St-Petersburg, Russia (Aug. 2006).
  49. M. Date, H. Takada, Y. Gotoh, and S. Suyama:
    ``Depth Reproducibility for Inclined View in DFD (Depth Fused 3-D) Display,''
    Proceeding of the 12th International Display Workshops in Conjunction with Asia Display 2005 (IDW/AD'05), Vol.2, pp.1793-1794, Takamatsu, Japan (Dec. 2005).

国内学会(査読あり)

  1. 岡鼻 雄飛, 後藤 佑介:
    ``Contact Zoneを用いたボロノイ図作成の並列化による処理時間短縮手法,'' 第24回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2016), pp.118-125 (Oct. 2016).
  2. 井上 祐輔, 木村 明寛, 後藤 佑介:
    ``帯域幅が異なるクライアントの混在環境における分割放送型配信システムの実装と評価,'' 第24回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2016), pp.109-117 (Oct. 2016).
  3. 藤田 拓郎, 後藤 佑介:
    ``スケジューリング手法を用いた選択型コンテンツの放送型配信システムの実現と評価,''
    第14回情報科学技術フォーラム(FIT2015), 第4分冊, pp.5-12, (Sep. 2015).
  4. 後藤 佑介, 木村 明寛, 谷口 秀夫:
    ``連続メディアデータの放送型配信における使用チャネル数を考慮したスケジューリング手法,''
    情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2014), pp.1923-1929, (Jul. 2014).
  5. 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲:
    ``没入型コンテンツの放送型配信における再生時間を考慮したスケジューリング手法,''
    情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2013), pp.1533-1539, (Jul. 2013).
  6. 木村 明寛, 後藤 佑介, 谷口 秀夫:
    ``分割放送型配信システムTeleCaSにおける逐次再生の実現と評価,''
    情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2012), pp.697-704, (Jul. 2012).
  7. 藤原 康行, 井上 喜弘, 後藤 佑介, 山内 利宏, 乃村 能成, 谷口 秀夫:
    ``AnTにおける通信制御サーバ入れ替え処理の評価,'' 第18回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2010), pp.101-106 (Oct. 2010).
  8. 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲:
    ``放送通信融合環境における再生中断時間短縮のための端末数を考慮したデータ配信手法,'' 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2010), pp.1652-1659, (Jul. 2010).
  9. 谷口 秀夫, 藤原 康行, 後藤 佑介, 田端 利宏, 乃村 能成:
    ``AnTにおけるOSサーバ入れ替え機能の評価,'' 第17回マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2009), pp.261-266 (Oct. 2009).
  10. 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫:
    ``選択型コンテンツの端末伝送型インターネット放送におけるクライアントの参加状況を考慮したデータ配信手法,'' 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2009), pp.431-438 (Jul. 2009).
  11. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``P2Pストリーミング放送における複数端末へのデータ配信手法,'' 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2008), pp.682-689 (Jul. 2008).
  12. 鈴木 健太郎,後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``連続メディアデータ放送のためのP2P配信システムの設計と実装,'' 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2008), pp.1378-1385 (Jul. 2008).
  13. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``P2Pネットワークを用いた連続メディアデータの放送型配信手法,'' 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2007), pp.1448-1455 (Jul. 2007).
  14. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``選択型コンテンツの放送型配信における再生時間を考慮したスケジューリング手法,'' 情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2006)論文集(I), pp.121-124 (Jul. 2006).

国内研究会

  1. 福間 健太, 後藤 佑介:
    ``道路ネットワークの二色逆最近傍探索におけるオブジェクトの探索時間短縮手法の提案,''
    情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会 2018-DPS-175), Vol.2018-DPS-175, No.13, pp.1-7 (May. 2018).
  2. 高原 颯人, 後藤 佑介:
    ``放送通信融合環境におけるユーザの視聴契機を考慮した再生中断時間短縮手法の提案,''
    情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会 2018-DPS-175), Vol.2018-DPS-175, No.22, pp.1-7 (May. 2018).
  3. 李 奇傑, 後藤 佑介:
    ``SLAMを用いた屋内向けAR経路提示におけるオブジェクト領域の認識手法の提案,''
    情報処理学会第80回全国大会講演論文集(分冊3), pp.333-334 (Mar. 2018).
  4. 岡鼻 雄飛, 後藤 佑介:
    ``Random Erasing を用いた半教師あり学習の提案,''
    情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会 2018-DPS-173), Vol.2018-DPS-173, No.5, pp.1-6 (Jan. 2018).
  5. 今雪 聡太, 後藤 佑介:
    ``モバイル端末のアドホック通信によるライブ中継を実現する映像配信システムの提案,''
    情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会 2018-DPS-173), Vol.2018-DPS-173, No.10, pp.1-6 (Jan. 2018).
  6. 後藤 佑介, 岩下 武史:
    ``スーパーコンピュータとクラウドシステムの連携による高性能計算環境の提案,''
    第16回情報科学技術フォーラム(FIT2017), 第1分冊, pp.139-140, (Sep. 2017).
  7. 小谷 敏弘, 後藤 佑介:
    ``放送通信融合環境におけるセグメントの希少性を考慮した探索手法の提案,''
    第16回情報科学技術フォーラム(FIT2017), 第4分冊, pp.251-252, (Sep. 2017).
  8. 廣中 雅大, 後藤 佑介:
    ``近似k近傍グラフの作成による計算コスト削減手法の提案,''
    第16回情報科学技術フォーラム(FIT2017), 第4分冊, pp.253-254, (Sep. 2017).
  9. 金本 俊平, 後藤 佑介:
    ``クライアントの視聴情報に基づく分割放送型配信システムの実現,''
    情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会 2017-DPS-171), Vol.2017-DPS-171, No.19, pp.1-8 (Jun. 2017).
  10. 尾崎 健志, 後藤 佑介:
    ``放送通信融合環境における複数の供給端末を用いたデータ配信システムの評価,''
    情報処理学会第79回全国大会講演論文集(分冊3), pp.479-480 (Mar. 2017).
  11. 井上 祐輔, 木村 明寛, 後藤 佑介:
    ``分割放送型配信システムにおける待ち時間算出式を用いたスケジューリング手法の実現と評価,''
    第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017), E1-1, (Mar. 2017).
  12. 岡鼻 雄飛, 後藤 佑介:
    ``グラフ構造を用いた半教師あり学習における近似k近傍グラフ構築手法の提案および評価,''
    第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2017), A4-1, (Mar. 2017).
  13. 福井 大地, 後藤 佑介:
    ``選択型コンテンツの放送型配信におけるユーザの視聴形態を考慮したスケジューリング手法,''
    情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2016), pp.1001-1008, (Jul. 2016).
  14. 伊藤 大晃, 後藤 佑介:
    ``マルチセンサを用いたサッカー選手の動作分析システムの提案,''
    情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会 2016-DPS-167), Vol.2016-DPS-167, No.9 (May. 2016).
  15. 後藤 佑介, 義久 智樹:
    ``放送通信融合環境における帯域幅を考慮したスケジューリング手法,''
    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), B8-4, (Mar. 2016).
  16. 藤田 拓郎, 後藤 佑介:
    ``選択型コンテンツの放送型配信システムにおける帯域幅を考慮したスケジューリング手法の評価,''
    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), B8-2, (Mar. 2016).
  17. 後藤 佑介, 大久保 千織, 岡鼻 雄飛, 伊藤 大晃, 千葉 孟:
    ``影響圏を考慮した二色逆最近傍探索手法の提案,''
    第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2016), D7-5, (Mar. 2016).
  18. 尾崎 健志, 後藤 佑介:
    ``放送通信融合環境におけるデータ配信システムの評価,''
    情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会 2015-DPS-165), Vol.2015-DPS-165, No.9 (Dec. 2015).
  19. 福井 大地, 後藤 佑介:
    ``選択型コンテンツの放送型配信におけるコンテンツ再生時の速度変更を考慮したスケジューリング手法の提案,''
    情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会 2015-DPS-165), Vol.2015-DPS-165, No.8 (Dec. 2015).
  20. 尾崎 健志, 後藤 佑介:
    ``放送通信融合環境におけるデータ配信システムの設計と実装,''
    情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会 2015-DPS-164), Vol.2015-DPS-164, No.3 (Sep. 2015).
  21. 福井 大地, 後藤 佑介:
    ``選択型コンテンツの再生速度を考慮した放送型配信におけるスケジューリング手法の評価,''
    情報処理学会シンポジウムシリーズ マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2015), pp.636-643, (Jul. 2015).
  22. 井上 祐輔, 木村 明寛, 後藤 佑介:
    ``複数動画を同期配信する分割放送型配信システムの評価,''
    情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会 2015-DPS-163), Vol.2015-DPS-163, No.27 (May. 2015).
  23. 井上 祐輔, 木村 明寛, 後藤 佑介:
    ``複数動画を同期配信する分割放送型配信システムの実現,''
    情報処理学会第77回全国大会講演論文集(分冊3), pp.139-140 (Mar. 2015).
  24. 尾崎 健志, 鈴木 健太郎, 後藤 佑介:
    ``放送通信融合環境における端末間の帯域幅を考慮したデータ配信システムの実現,''
    情報処理学会第77回全国大会講演論文集(分冊3), pp.141-142 (Mar. 2015).
  25. 千葉 孟, 後藤 佑介:
    ``オブジェクト間の位置関係を考慮した最近傍探索手法の提案,''
    情報処理学会第77回全国大会講演論文集(分冊3), pp.389-390 (Mar. 2015).
  26. 福井 大地, 後藤 佑介:
    ``選択型コンテンツの再生速度を考慮した放送型配信におけるスケジューリング手法の提案,''
    情報処理学会第77回全国大会講演論文集(分冊3), pp.143-144 (Mar. 2015).
  27. 藤田 拓郎, 山本 泰平, 後藤 佑介:
    ``スケジューリング手法を用いた選択型コンテンツの放送型配信システム,''
    情報処理学会第77回全国大会講演論文集(分冊3), pp.137-138 (Mar. 2015).
  28. 川上 朋也, 義久 智樹, 後藤 佑介:
    ``放送通信融合環境による次世代モバイルビデオオンデマンド配信システムの構築,''
    電子情報通信学会2015年総合大会,pp.B-16-13,滋賀県草津市 (Mar. 2015).
  29. 後藤 佑介, 山本 泰平, 谷口 秀夫:
    ``選択型コンテンツの放送型配信システムの実現,''
    情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会 2014-DPS-161), Vol.2014-DPS-161, No.6 (Sep. 2014).
  30. 後藤 佑介:
    ``空間ネットワークにおける逆最近傍検索を用いた経路検出手法の評価,''
    電子情報通信学会技術研究報告 コンピュータシステム (CPSY) 研究会, pp.271-276 (Mar. 2014).
  31. 後藤 佑介:
    ``空間ネットワークにおける逆最近傍検索を用いた経路検出手法の提案,''
    情報処理学会第76回全国大会講演論文集(分冊1), pp.479-480 (Mar. 2014)
  32. 後藤 佑介, 谷口 秀夫:
    ``データ放送の分割配信におけるスケジュールの動的更新手法,''
    情報処理学会研究報告 (システム評価研究会 2012-EVA-40), Vol.2012-EVA-40, No.3 (Mar. 2013).
  33. 後藤 佑介, 谷口 秀夫:
    ``連続メディアデータの放送型配信における誤り耐性を考慮したスケジューリング手法,''
    情報処理学会研究報告 (マルチメディア通信と分散処理研究会 2012-DPS-152), Vol.2012-DPS-152, No.24 (Sep. 2012).
  34. 後藤 佑介, 谷口 秀夫:
    ``放送型配信における誤り耐性方式の提案,''
    電子情報通信学会2012年総合大会, B-7-33 (Mar. 2012).
  35. 木村 明寛, 後藤 佑介, 谷口 秀夫:
    ``分割放送型配信システム TeleCaS における逐次再生の実現,''
    電子情報通信学会2012年総合大会, B-7-32 (Mar. 2012).
  36. 木村 明寛, 後藤 佑介, 谷口 秀夫:
    ``分割放送型配信システム TeleCaS の提案,''
    情報処理学会研究報告 (システム評価研究会 2011-EVA-35), Vol.2011-EVA-35, No.1 (Jul. 2011).
  37. 木村 明寛, 後藤 佑介, 谷口 秀夫:
    ``汎用性を考慮した分割放送型配信システムの実現,''
    情報処理学会第73回全国大会講演論文集(分冊1), pp.759-760 (Mar. 2011)
  38. 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲:
    ``没入型コンテンツの放送型配信における再生途切れ時間短縮のためのスケジューリング手法,''
    情報処理学会研究報告 (グループウェアとネットワークサービス研究会 2011-GN-78・放送コンピューティング研究グループ 2011-BCCgr-25 合同研究会), Vol.2011-GN-78, No.19 (Jan. 2011).
  39. 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲:
    ``近距離放送型配信における待ち時間短縮のためのスケジューリング手法,''
    情報処理学会研究報告 (モバイルコンピューティングとユビキタス通信 2010-MBL-56・高度交通システム研究会 2010-ITS-43・放送コンピューティング研究グループ 2010-BCCgr-24 合同研究会), Vol.2010-MBL-56, No.25 (Nov. 2010).
  40. 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫:
    ``早送り再生を考慮した選択型コンテンツの放送型配信におけるスケジューリング手法,''
    第9回情報科学技術フォーラム(FIT2010), 第4分冊, pp.375-378 (Sep. 2010).
  41. 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲:
    ``選択型コンテンツの端末伝送型インターネット放送におけるクライアントの再接続を考慮したデータ配信手法,''
    情報処理学会研究報告 (システム評価研究会 2010-EVA-32), Vol.2010-EVA-32, No.1 (Aug. 2010).
  42. 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲:
    ``端末伝送型インターネット放送における端末間の帯域幅を考慮したデータ配信手法,''
    情報処理学会研究報告 (グループウェアとネットワークサービス研究会 2010-GN-74・放送コンピューティング研究グループ 2010-BCCgr-23 合同研究会), Vol.2010-GN-74, No.18 (Jan. 2010).
  43. 後藤 佑介, 義久 智樹, 谷口 秀夫, 金澤 正憲:
    ``広告再生を伴う連続メディアデータ放送におけるスケジューリング手法,''
    情報処理学会研究報告 (モバイルコンピューティングとユビキタス通信 2009-MBL-51・高度交通システム研究会 2009-ITS-39・放送コンピューティング研究グループ 2009-BCCgr-22 合同研究会), Vol.2009-MBL-51, No.16 (Nov. 2009).
  44. 鈴木 健太郎,後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``再生中断時間短縮のための端末伝送型インターネット放送システムの評価,''
    情報処理学会研究報告 (システム評価研究会 2009-EVA-28), pp.9-16 (Mar. 2009).
  45. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``選択型コンテンツの端末伝送型インターネット放送における帯域幅を考慮した待ち時間短縮手法,''
    データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIMフォーラム2009), C1-5, (Mar. 2009).
  46. 後藤 佑介, 鈴木 健太郎,義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``IPネットワークにおける分割放送型システムの途切れ時間に関する評価,''
    電子情報通信学会技術研究報告 インターネットアーキテクチャ研究会 (2008-09-IA), Vol.108, No.223, pp.7-12, (Sep. 2008).
  47. 後藤 佑介, 鈴木 健太郎,義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``P2Pストリーミング放送における待ち時間短縮のためのピア選択手法,''
    電子情報通信学会第19回データ工学ワークショップ 第6回日本データベース学会年次大会(DEWS2008), D3-4, (Mar. 2008).
  48. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``選択型コンテンツの放送型配信における視聴順序を考慮したスケジューリング手法,''
    情報処理学会研究報告 (モバイルコンピューティングとユビキタス通信 2007-MBL-43・高度交通システム研究会 2007-ITS-31・放送コンピューティング研究グループ 2007-BCCgr-18 合同研究会), pp.161-168 (Nov. 2007).
  49. 後藤 佑介, 江原 康生, 義久 智樹, 小山田 耕二, 金澤 正憲:
    ``没入型仮想空間における茶道e-Learningシステムの構築,''
    日本バーチャルリアリティ学会 第12回全国大会, pp.367-368,(Sep. 2007).
  50. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``異種クライアント環境における連続メディアデータの分割放送型スケジューリング手法,''
    情報処理学会研究報告 (データベースシステム研究会 2007-DBS-141・グループウェアとネットワークサービス研究会 2007-GN-62・放送コンピューティング研究グループ 2007-BCCgr-16 合同研究会), pp.51-58 (Jan. 2007).
  51. 義久 智樹,後藤 佑介,金澤 正憲:
    ``選択型コンテンツの放送型配信における遷移確率を考慮したスケジューリング手法,''
    情報処理学会研究報告 (データベースシステム研究会 2006-DBS-140(II)), pp.475-482 (Jul. 2006).
  52. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``選択型コンテンツのオンデマンド配信における待ち時間短縮手法,''
    情報処理学会研究報告 (放送コンピューティング研究グループ 2006-BCCgr-14), pp.33-40 (Jun. 2006).
  53. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``IPネットワークにおける分割放送型システムの帯域使用率に関する評価,''
    情報処理学会研究報告 (システム評価研究会 2006-EVA-16), pp.13-18 (Mar. 2006).
  54. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``放送型配信における受信待ち時間を考慮した選択型コンテンツのスケジューリング手法,''
    情報処理学会研究報告 (データベースシステム研究会 2005-DBS-138・グループウェアとネットワークサービス研究会 2005-GN-58・放送コンピューティング研究グループ 2005-BCCgr-13 合同研究会), pp.88-95 (Jan. 2006).
  55. 後藤 佑介, 義久 智樹, 金澤 正憲:
    ``IPネットワークにおける連続メディアデータの分割放送型システムの設計と実装,''
    情報処理学会研究報告 (モバイルコンピューティングとユビキタス通信 2005-MBL-35・高度交通システム 2005-ITS-23・放送コンピューティング研究グループ 2005-BCCgr-12合同研究会), pp.210-217 (Nov. 2005).

解説記事

  1. 義久 智樹,後藤 佑介:
    ``未来社会をプロデュースするICT : 10. ストリーミング配信で「今」に感動を与える〜放送コンピューティングによる未来型コンテンツ配信サービス〜'' 情報処理, 第52巻, 第1号, pp.62-63, 情報処理学会 (Jan. 2011).

受賞

  1. Best Paper Award, The 14th International Conference on Advances in Mobile Computing & Multimedia (MoMM2016) (Nov. 2016).
  2. Best Paper Award, The Workshops of the 19th International Conference on Network-Based Information Systems (NBiS 2016) (Sep. 2016).
  3. 2014 Highly Commended Paper Award, Emerald Literati Network (Jul. 2014).
  4. 財団法人岡山工学振興会 科学技術賞 (Jul. 2009).
  5. 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2009), 優秀プレゼンテーション賞 (Jul. 2009).
  6. 電子情報通信学会技術研究報告(インターネットアーキテクチャ研究会 (2008-09-IA)), 学生研究奨励賞 (Sep. 2008).
  7. 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2008), ヤングリサーチャ賞 (Jul. 2008).
  8. 情報処理学会研究報告 (放送コンピューティング研究グループ 2007-BCCgr-18 研究会), 優秀発表論文賞 (Nov. 2007).
  9. 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2007), ヤングリサーチャ賞 (Jul. 2007).
  10. 情報処理学会研究報告 (データベースシステム研究会 2007-DBS-141・グループウェアとネットワークサービス研究会 2007-GN-62・放送コンピューティング研究グループ 2007-BCCgr-16 合同研究会), 学生発表奨励賞 (Jan. 2007).
  11. 情報処理学会マルチメディア, 分散, 協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2006), ヤングリサーチャ賞 (Jul. 2006).
  12. 情報処理学会研究報告 (放送コンピューティング研究グループ 2006-BCCgr-14 研究会), 優秀発表論文賞 (Jun. 2006).

プロジェクト

  1. 放送通信融合環境における再生待ち時間を短縮するマルチキャスト配信技術に関する研究,
    (科学研究費補助金 基盤研究(C) 課題番号 18K11265, 2018-2020, 代表者).
  2. 初等中等教育の現場における複数の表示装置の効果的な活用支援基盤の構築と検証,
    (科学研究費補助金 基盤研究(C) 課題番号 16K01065, 2016-2018, 分担者).
  3. 公益社団法人日本工学アカデミー, 第4回日豪若手研究者交流促進事業(ERLEP)(2015/16年度), 2015.10.17-2015.10.31.
  4. 再生継続型次世代ビデオオンデマンドシステムの実現,
    (科学研究費補助金 基盤研究(B) 課題番号 15H02702, 2015-2017, 分担者).
  5. 分割放送型ストリーミング配信における待ち時間を短縮するスケジューリング技術の構築,
    (科学研究費補助金 若手研究(B) 課題番号 26730059, 2014-2016, 代表者).
  6. 公益財団法人電気通信普及財団 平成25年度研究調査助成, 2014.4.1-2015.3.31.
  7. 再生途切れのない没入型コンテンツの放送型配信に関する研究,
    (科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 課題番号 23650050, 2012-2013, 分担者).
  8. 日本学術振興会平成23年度海外特別研究員 (La Trobe University, Melbourne, Australia), 2011.4.4-2012.6.28.
  9. 財団法人理工学振興会 平成23年度研究助成, 2011.4.1-2012.3.31.
  10. 財団法人大川情報通信基金 2010年度研究助成, 2011.3.1-2012.2.29.
  11. 公益財団法人国際科学技術財団 2011年研究助成, 2011.1.1-2011.12.31.
  12. 平成21年度岡山大学若手教員スタートアップ, 2009.10.1-2011.9.30.
  13. 財団法人岡山工学振興会科学技術賞(奨励研究),``グリッド技術を用いた新しい端末伝送型データ配信システムに関する研究,'' 2009.7.
  14. 2008年度GCOEプログラム「知識循環社会のための情報学教育研究拠点」若手リーダーシップ養成プログラム,``P2Pネットワークを利用した放送型配信システム "BroGrid" に関する研究,'' 2008.5.15-2009.3.20
  15. 2007年度GCOEプログラム「知識循環社会のための情報学教育研究拠点」若手リーダーシップ養成プログラム,``選択型コンテンツの放送型配信システム"BroGrid"に関する研究,'' 2007.12.1-2008.3.20
  16. 2007年度 IPA 未踏ソフトウェア創造事業「未踏ユース」(研究代表者),2007.8.23-2008.3.8
    〜P2P Broadcasting 2050〜「こちら未来の放送局!P2Pネットワークを用いた新しい放送型配信システム」

課程論文

  • 博士論文
    ``ストリームデータの放送型配信手法に関する研究,'' (Mar. 2009).
  • 修士論文
    ``選択型コンテンツの分割放送型配信手法に関する研究,'' (Mar. 2007).
  • 学士論文
    ``DHCPサーバの改良による効率的なIPアドレス管理手法,'' (Mar. 2005).

所属学会

  • 情報処理学会,電子情報通信学会,IEEE

趣味


後藤研究室HPに戻る