GN(グループウェアとネットワークサービス)

本グループでは, コンピュータとネットワークを利用したグループ作業の支援について研究しています. そのための基盤となるグループウェアシステム LastNote とその連携モジュール群を開発し, ネットワークを通じて Loose Coupling しつつ互いに連携(マッシュアップ) するシステム構成法について研究しています. 過去の卒論・修論・対外発表のテーマ一覧(一部)を以下に掲載します.

作業の発生パターンを用いた作業予測


我々が将来の予定について計画するとき,過去の作業履歴を参考にすることが多いです. これは,多くの作業はある程度決まった周期性に基づいて発生しているからです. たとえば,ミーティングは,「約2週間に1回」といった曖昧な周期をもちます. ここで注意しておきたいことは,作業は単純な一定の周期ではなく,曖昧な周期性をもっている点です. 作業が曖昧な周期性をもつ理由は,作業の発生には様々な要因が影響しているからです. たとえば,ミーティングは,「会議参加者の都合に左右される」,「長期休暇には行われない」といった特徴があります. このため,ミーティングには「会議参加者の都合」,「長期休暇」といった要因が影響していると考えられます. このように,作業には曖昧な周期性があり,作業の発生を決定づける何らかの規則があるといえます. この規則から作業の発生を確認できれば,将来の作業予測や仕事の引き継ぎ時の情報伝搬に有用だと考えられます. 本研究では,この規則を作業の発生パターンと呼びます. 作業発生パターンを機械学習や波の解析によって検出することで作業予測を行います.

【特徴】

  1. 将来の作業予測
  2. 曖昧な周期をもつ作業を表現するモデルの提案
  3. 周期性の継承に基づく作業予測手法

【リンク】

CalDAVを軸としたカレンダの共有を支援するシステムの提案


オフィスや家庭において,スケジュール管理のツールとしてカレンダシステムが広く使われています. カレンダシステムは,個人でのスケジュール管理だけでなく,研究グループや家族といった複数人でのスケジュール管理も可能です. 複数人でカレンダシステムを用いてスケジュール管理することにより,予定を共有できたり,相互にカレンダを閲覧できたりします. これにより,複数人に関わる日程の調整が容易になるといった利点があります. しかし,複数人でのカレンダシステムの利用には,異なるカレンダシステム間で招待機能を利用できない,共有カレンダへのアクセス権を失うと過去の予定を喪失する,目的に応じた粒度の細かい予定の公開設定ができないといった問題があります. 本研究では,これらの問題に対処するために,CalDAVによる通信を中継するシステム(HubStar)ついて研究開発を進めています.

【特徴】

  1. 複数人でのカレンダシステムの利用を支援
  2. カレンダサーバやカレンダAPの違いを吸収する機能
  3. 個人のカレンダでグループの予定を管理する機能
  4. 相手に応じて予定をフィルタリングする機能

【リンク】

計算機上の仕事状態の保存と復元機能(デスクトップブックマーク)


私達が仕事で利用するアプリケーションの多くは, 仕事の再開を支援するために 「最近開いたファイル」などの履歴情報を提供しています. 同様に Web ブラウザは,「最近開いた Web ページ」を教えてくれます. そこで, これらの履歴情報を収集して統一的に管理することができれば, 自分が過去に参照したデータを効率的に想起できると考えられます. 本研究では,この履歴情報を管理するアプリケーションとして, 「デスクトップブックマーク」を設計・実装しています. デスクトップブックマークは, 統一的な履歴情報を自動で収集して管理する機能を持っています. 既存ツールに比べた特徴として, 履歴情報の集合を具体的な作業や仕事の単位で集約できる点があります. この特徴によって,ある時点のデスクトップの状態を栞のように複数保存でき, 作業状態の保存や復元を容易にしています. また,作業や仕事の単位でまとめられた履歴情報を利用し, 容易に作業や仕事を引き継げます.

【特徴】

  1. 複数の作業状態を保存可能
  2. 任意の時点で作業状態を保存可能
  3. 計算機環境は,常に最新を保つ
  4. 仕事単位,作業単位で履歴情報を提示可能
  5. 履歴情報を仕事の引継ぎに利用可能

【リンク】

メールの再利用を促進するシステム


オフィスワークにおいて,作業は一定の周期で発生することが多く, そこでやりとりされるメールは仕事の作業情報を含むことが多いです. このため,仕事の作業情報を含んだ過去のメールと類似した内容のメールが 周期的にやりとりされます. このようなメールを作成する際,過去のメールが再利用されます. ただし,メールを送信する作業には,再利用するメールを探す手間や メールを送ること自体を忘れるといった問題があります. そこで,本研究では,過去のメールの再利用を促進するシステムを開発し, ここで挙げた問題に対処します.

【特徴】

  1. メールの再利用を提案する機能
  2. 再利用された実績のあるメールのみを表示する機能
  3. メールのテンプレートを作成する機能

【リンク】

ソーシャルコーディングにおける有益提案の抽出


ソフトウェア開発では,ソーシャルコーディングと呼ばれる手法が広がりつつあります. ソーシャルコーディングでは,プロジェクトのソースコードは公開され, 世界中からソースコードの改善に関する提案が寄せられます. このような提案を積極的に取り入れることは,コミュニティの活性化につながります. しかし,提案によって内容の良し悪しが大きく異なるため, 有益そうな提案から優先的に内容を吟味したいという要求があります. また,コミュニティの活性化のためには,ユーザを分け隔てなく扱い, 初めてプロジェクトに参加するようなユーザの提案も多く取り入れる必要があります. そこで本研究では,ソーシャルコーディングサービスであるGitHubを対象として, ユーザの行動を学習し,有益な提案を抽出する方法について研究しています.

【特徴】

  1. GitHub上のデータから提案の有益さを算出
  2. 管理者の利用しやすい方法で有益な提案を提示

【リンク】

Inboxによるカレンダ情報の整理


カレンダ情報は整理することで有効活用できます. たとえば,昨年の行事の実施時期を確認し,今年の行事のおおよその実施時期を検討したり, 昨年の行事周辺に関連する行事があったか否かを確認し,今年の行事周辺の予定を検討したりします. これは,我々の予定の多くにはある程度決まった周期性と関連性があるためです. このため,予定が周期性や関連性にしたがって整理されていると,過去の予定の参照が容易になります. しかし,既存のカレンダにはカレンダ情報を整理するための機能がついていません. このため,本研究では,カレンダ情報を整理するシステムとして, 「Inbox」を設計・実装しています. Inboxは,予定を一覧表示し,予定を整理できる機能を持っています.

【特徴】

  1. 予定を日付にしばられず一覧表示
  2. 整理済みと未整理の予定を区別可能

【リンク】